所在不明のソフトウェアをインストールしない

所在不明のソフトウェアにはウイルスや不正プログラムが埋め込まれている場合があり、インストールしてしまうと以下のような不具合が発生します。

  • 情報を抜き取られ漏洩する
  • パソコンの動作が遅くなる
  • ファイルを破壊される
  • パソコンが動かなくなる
  • 海外のプロバイダーに接続され料金を請求される

 


 

基本的にはインストールしないのが鉄則です。どうしてもインストールする必要がある場合には、インストールする前に開発元/ダウンロード元が安全か、必ず詳しい人に相談しましょう。

  • 大手企業の提供する安全なフリーソフトの例)
  • AdobeのPDFリーダー、SONYのNeural Network Consoleなど

ウイルス情報

  • ありとあらゆるウイルスに感染してしまう非常にリスクの高い行為

 

この記事を読んで理解できましたか?
既読情報が送信されました。

CYBER SECURITY CENTRE をもっと便利に使ってみませんか?

  • アンケートでセキュリティーに対する意識の状況把握ができます。
  • 週に一度、解説ページをひと項目ずつ送信し、その閲覧履歴の管理ができます。
  • ※共にメールアドレスの登録が必要です。

 
質問やご意見をお気軽にお寄せください。
運営会社:ブルージラフ株式会社

BACK TO TOP