OSやブラウザ、アプリなどは適宜バージョンアップする

ソフトウェアを最新状態にアップデートする最大の目的は「機能の追加/改善」ではなく「脆弱性(ぜいじゃくせい)を塞ぐ(ふさぐ)」事にあります。

  • 脆弱性とはOSやソフトウェアにおいてプログラムの不具合や設計上のミスが原因となって発生した欠陥のこと。セキュリティホールとも呼ばれる

 

脆弱性が残された状態でコンピュータを利用していると、不正アクセスに利用されたり、ウイルスに感染する危険性があります。
 


 

脆弱性が発見されると、多くの場合ソフトウェアを開発したメーカーが更新プログラムを提供します。
たとえばWindowsの場合には、サービスパックやWindows Updateによってそれまでに発見された脆弱性を塞ぐことができます。しかし、新たな脆弱性が発見される可能性があるため、常にOSやソフトウェアの更新情報を収集して迅速にアップデートを行わなければなりません。
参考:脆弱性とは?(総務省)
 

関連情報

  • アップデート時の注意
    • OSやMicrosoft Officeのアプリケーションなどはアップデートによって不具合が生じることもある。業務で使用しているパソコンなど突然の不具合で使えなくなると困る場合は、アップデートが公開された後、数日様子を見てからアップデートすることが有効な場合もある
    • 参考:更新プログラム適用で地雷を踏まないために(@IT)

 

この記事を読んで理解できましたか?
既読情報が送信されました。

CYBER SECURITY CENTRE をもっと便利に使ってみませんか?

  • アンケートでセキュリティーに対する意識の状況把握ができます。
  • 週に一度、解説ページをひと項目ずつ送信し、その閲覧履歴の管理ができます。
  • ※共にメールアドレスの登録が必要です。

 
質問やご意見をお気軽にお寄せください。
運営会社:ブルージラフ株式会社

BACK TO TOP